ブログトップ

灯台の管理人ブログ―2011年から猫連れ大学院留学を目指す

peachist.exblog.jp

<   2010年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

GRIPSの小論文対策について

今日はGRIPSについて質問をいただきました!(パチパチパチ)

来年4月からGRIPS公共政策プログラムへの進学するため、今年11月の受験対策をしている方から、小論文対策についてです。


正直に言って、私は何も対策はしていませんでした。
ただ、前職が開発系の企業だったこと、現在の銀行でも常に社会貢献を念頭に置いて仕事をしているので、日々の業務の中で気付いたこと・実行していること・学生時代の経験などを、社会でどう生かせるかという部分はよく考えていました。
たとえば教育分野なら私は○○な貢献が出来るのでは?とか、アジアの貧困問題にはこういう切り口で貢献できるかな?とかです。

自分の経験は自分だけのものです。それを通して自分の意見を考え抜くことが大切だと思います。
「なぜ、それを学びたいのか?」
「なぜ、そう考えるのか?」
「なぜ、私にはそれが出来るのか?」
あとはそれを自信満々に書きました笑

仕事を辞めてまで進学を考えている方々は仕事を通して多くを学び、進学を目指したことでしょうし、社会問題に対する意識は高いと思います。
それをただ知るのではなく、自分なりの切り口で考えることが大切だと思います。
自分なりの考えがまとまったら、メモでもいいから思考回路を記録しておく。
後から見て役立つことが多いです。


それに加えて、どうしてGRIPSなのか?は自分自身が納得するために、考えておいた方がいいです。
特に公共政策は、国内の大学院の中では東大や早稲田なども良いと思いますが、なぜGRIPSですか?
面接で私は聞かれませんでしたが、聞かれることもあると思います。

私は正直な話、GRIPSの選考基準はレベルが高くないと思います。そもそも倍率が2倍ですし、過去問見ても論文のテーマが非常に単純というか、シンプルです。
大学生でも答えられるテーマなので、社会人である我々は、自分の経験と交えて書く必要があると思います。
加えて、出願資格はTOEFL iBT 79点以上。海外の大学院だったらトップスクールには間違いなく入学できないスコアです。また、私はTOEICが950点で一番高いような言われ方をしました。もっと高い方や満点の方も多いと思っていたので意外でした。
公共政策の倍率はわかりませんが、普通に対策していたら受かるレベルだと思います。

私が中東で働いていたときは、社会人やってから早稲田の大学院に進学し、海外で活躍されている方に何名かお会いしました。ですから、GRIPSは滑り止めのような感覚で、もっとレベルの高い大学院に進学を目指して準備をすれば、自然と対策になるのではないかなぁという気もします。


私がGRIPSに惹かれたのは、JICAの国内研修制度という制度を使い奨学金のようなものを出していただけることになったので学費がタダなこと、1年で修士が取れること、それだけです。
海外の2年制大学院に行きたかったですが、管理人夫もいるし、お金もかかるので無理でした。
でも2年間しっかり勉強したかったので、1年間は安く済ませたかったという理由です。

もし国内の大学院に進学を目指すのであれば、まだ時間はありますし、いろいろな選択肢を検討してみてもいいかもしれません。
比較の中で、「なぜ、ここなのか」ということも自然に見えてくると思います。
[PR]
by peachist | 2010-05-30 00:17 | 国内大学院

親離れ

ここのところ、ファナルが親離れをしてしまったのか?
あまり甘えてくれない。
ママはさみしくてさみしくて、昨日は無理やり抱きしめてチュウしまくってたら、ため息をつかれてしまった(大泣き)

昔のファナルなら・・・

こんな風にいつでもママに寄り沿って
d0162958_11214921.jpg


新聞読んでたらかまって欲しくて邪魔をして
d0162958_1123537.jpg


パソコン見てたら熱い目線で「遊んでオーラ」を出して
(「A」のキーはファナルに奪われました。不便・・・)
d0162958_1125694.jpg


かまってかまってとクネクネして
d0162958_11254474.jpg


ベランダでお花にお水をやってる私を見つめてたのに。
d0162958_11263555.jpg



最近の2週間は寝るのも別(号泣)
いま10ヶ月のファナルは人間でいう17歳。
もう親離れされちゃったのかなぁ。
寂しくてしょうがないママなのでした・・・

More
[PR]
by peachist | 2010-05-28 11:29 | 猫話

革命家たれ

私はmixiにも6年前留学していた頃から頻繁に日記を書いている。
海外にいる友人とつながっているために、メッセージくらいしか使わないけれどfacebookにも登録している。

じゃあなぜ、ブログを始めたのか。
それには理由がある。

mixiには色んな友人がいる。
中高時代にバカばかりやっていた友達。
暑苦しかった私を知ってる大学時代の友達。
尊敬できる人ばかりだった海外留学・勤務時代の先輩方。
パッカー時代に出会った愉快な仲間たち。

あまりにキャラクターが違う人々に、自分の正直な思いを発信するのがなんだか恥ずかしかった。
自分の正直な熱さ。クサイこと、ウザイこと、夢や情熱を率直に語りかけるのには抵抗があった。

ブログにした方が不特定多数の人に見られる可能性があるけど、ここに来るのはこのブログに少しでも興味を抱いてくれた人だけ。きっと同じような目標を持つ、熱い人達なんだろうと思う。

昔から感受性が豊かと言われていた私は、悲しい人がいれば悲しくなり、誰かが幸せになればテンションが上がり、人の良いところを見つけては嬉しくなるそんな人だった。
だけど最近、周りが金銭的に現実的になった頃からなのか、あまり熱く夢を語れる友人が少なくなったように感じる。

それは悪いことというわけじゃなく、現実の生活を受け入れ、愛している人たち周りに多いということ。
それはとても幸せなことで、そんな人達に恵まれている私は更に幸せなのだと思う。

それでも何かが物足りない私。仕事も楽しく、管理人夫はとても素敵な人で、日々感謝している。
欲張りなのか?
でもそうではないことに最近気がついた。

自分は感受性が豊かな訳でもなく、正義感が強いとか、そんな立派なものではない。何か信仰があるわけでもない。
ただ、何もしていないことが怖いというか、このまま見過ごしていいのか。
見過ごしたらバチが当たるんじゃないか?
そんなことを考える小さな人間。
でも、出来る人が何かしないで、誰がするのか。
出来るなら、やらなくちゃいけないんじゃないか。

そんなことを考えている時、キューバに出かけ、そこでゲバラが娘たちに宛てた手紙を読んだ。
その一節には、
‘always be capable of feeling deeply any injustice committed against anyone anywhere in the world.
It is the most beautiful quality of a revolutionary’
とあった。

紛争が続く地域で働くことを求め、自分が貢献できることは何なのか、考えた。
例えば口蹄疫のニュースを見て、牛の気持ちを考え、農家な方々の辛さを考え、行政の方々の苦渋を考えると涙が止まらず、何か出来ることはないかと考えた。

これは全て、どこかで起きていることを、自分のことのように考え、喜び、悲しみ、分かち合うことができるという資質を自分が少しでも持っているんだと信じようと思った。

もっと頭の良い人、すごい人は数えきれないほどいて・・・
私があの人ほどすごかったら、私だったらこうするのにな、なんて考えることがよくある。
そんなにすごい人でも、何もしない人がいるなら。
微力な私でも、社会に貢献するために必死になりたい。

こういう熱さ・ウザさをここでは吐き出してみようと思う。
[PR]
by peachist | 2010-05-26 14:50 | 管理人家の1コマ

志望校選択

ロータリーの国際親善奨学金は、申請書に志望校を5校書かないといけない。
また、その5校は今まで住んだことのない国3カ国にまたがっていなければならない。
しかし、そもそも奨学金の締め切り1週間前に気がついた私には全く大学院を調べる時間がなく、思い切り適当に書いてしまった。

全て前職の先輩や上司が卒業した学校で、話は聞いていたんだけど、そもそも私は「開発」というなんだかぼんやりしたものを学びたいわけではないので失敗だったかもしれない。

しかし、書いてしまったものは変えられないので、現在5校の中でどのコースが私の学びたいことに合っているのか検討中。

ちなみに志望した5校は以下。
①John's Hopkins
②Columbia
③Cornell
④Toronto
⑤LSE

前職の上司は皆、公共政策とか国際開発学を学んでいる。私から見ると専門性がぼんやりして見えるけれど、専門家を使ってプロジェクトをまとめたり、組成・監理するのが主な仕事だと、アリの目ではなく鳥の目で広く見えるこうした専門は非常に有効だと思う。

この5校も、開発とかMPAとかでは良いプログラムがあると思うけれど、私が学びたいものに合っているのか・・・?
大学の選定は非常に時間がかかるように感じた。
今考えれば、ミシガンとかもよかったなぁ・・・

特に、これは私の主観なので間違っていたら否定してもらっていいのだけど、アメリカの大学はHPが非常に見にくい。
カナダなんかは、政府の予算や政策等の情報公開も徹底していて、HP見れば何でも書いてある・・・というようなお国柄だからか?HPが非常に見やすい作りになっているし、論文や書籍検索もしやすい。
イギリスも同様に、留学生を受け入れることに慣れているからか非常にHPが見やすい学校が多い。
アメリカの大学に行きたいにも拘らず、自然とカナダやイギリスの大学院情報を収集してしまう。

それにしてもアメリカの大学院は高いね。
イギリスとカナダの大学院の学費は魅力です。

管理人妻と一緒に留学したい管理人夫が、フルブライトなんかに受かってくれれば家計がかなり助かるんだけど・・・

もう少し学校選びの情報源や私なりの選定方法がまとまってきたら、情報をUPしていきたいと思います。
[PR]
by peachist | 2010-05-26 10:55 | 留学準備(国内)

ブログ紹介&自己紹介

遅ればせながらブログ紹介&自己紹介。

「灯台の管理人ブログ」
由来は我が家の猫にあります。

管理人夫妻の人生という航海を導いてくれますように・・・という意味を込めて、我が家の猫は「ファナル」と名付けました。
ファナルはアラビア語とトルコ語で「灯台」という意味。

トルコは学生時代1年間交換留学をした世界で一番大好きな国。
エジプトは、エジプト政府奨学金をもらって半年間アラビア語を学び、大学卒業後にもう少し中東にいたくて約2年ほど働いた、私にとってとても大切な場所なのです。

正確には、アラビア語では「ふぁなーる」、トルコ語では「ふぇねる」なのですが、トルコ語の「ふぇねる」はもともとアラビア語からきています。
でも「ふぁなーる」はなんだか変な感じなので、「ファナル」。
とっても良い名前だと思っています。
我が家の灯台こと、ファナルのパパママということで、ブログ名は「灯台の管理人ブログ」となりました。


管理人妻は現在社会人6年目。
エジプトで現地採用され日本の金融機関で働き、途中ヨルダンに転勤になって合計2年ほど中東で働きました。
卒業後すぐ結婚した管理人夫を置いて、中東で楽しんでいたので、さすがに帰ってきて欲しいと言われて帰国してから現在まで、中国系の金融機関で働いています。
マーケティング部唯一の日本人として、結構頑張って仕事しています。

社会人になって丸5年。仕事はめちゃくちゃ楽しかったです。
奨学金をもらっても、留学を躊躇してしまうほど。
ただ、これは新たなステージに進むためのまたとない機会。

丸5年間の社会人経験で感じた、「紛争や災害から復興する地域で、戦略的に中小企業を育てる必要がある」という思いを形にすべく、私らしくエッチラオッチラ頑張りたいと思います!

d0162958_16491155.jpg

寝てる。笑
[PR]
by peachist | 2010-05-20 16:49 | 管理人家の1コマ

政策研究大学院(GRIPS)とIDEAS - その2

受験については一長一短です。
ただ、GRIPSもIDEASも私が受けた時は2倍程度の低倍率なので、普通に準備していれば合格する可能性は高いです。


IDEAS:

①推薦状などが必要ないので、応募に際して敷居が低い
②筆記試験は一般常識・英語・小論文があるので、GRIPSに比べるとヘビー
③面接は英語と日本語20分づつくらい


GRIPS:

①推薦状が2通必要なので、周りも巻き込んでの受験が必要
②GRIPS向けと、JICA向け(研修費用獲得のため)の出願書類が必要になので、出願書類はヘビー
③試験は小論文のみ
④面接は日本語のみ。GRIPS向け・JICA向け両方あり


筆記試験はどちらも難しくありません。
IDEASの一般常識も、開発問題に興味があって、普通に常識を知ってれば出来ます。
英語は短いエッセイ的なものもあるので、TOEFLの勉強をしておけば問題ありません。
(私はTOEFLの勉強を全くしてなかったから大変だったけど)
小論文も、自分なりの意見を時間内にロジカルにまとめる作業が求められているのかな?と思いました。
テーマはそんなに難しくありません。
IDEASはアフリカの開発について、GRIPSは教育についてでした。

面接試験は、
「なぜ、直接留学しないのか」
「なぜこれを学びたいのか」
といった、基本的な質問だけでした。
GRIPSはこれらに加えて、きちんと学問する気があるか見るような質問がありました。
「経済学をどう捉えているか」とか。

筆記試験・面接試験共に、国際親善奨学金の選考の方が難しかったです。

一応どちらもの合格しているので、こんなことも書いて!とか、質問があればコメントください。
[PR]
by peachist | 2010-05-19 11:50 | 国内大学院

政策研究大学院(GRIPS)とIDEAS - その1

今年の9月より、政策研究大学院大学のInternational Development Studies Programで1年間学び、来年からは欧米の大学院への留学を目指しています。
ロータリー財団の国際親善奨学金をいただくことが決まっているので、留学国はロータリー財団によって指定されます。

当初はアジア経済研究所の開発スクール・IDEASに進学予定で、昨年合格しましたが、諸事情により辞退しました。
諸事情はこちら → 


今年もIDEASを受験する予定でしたが、結局GRIPSに進学することにしました。
理由は以下の通りです。

・IDEASの神通力は、奨学金がなくなった今ないに等しく、開発業界で働きたいけど、働いたことがない人のための予備校のようになっている。
(某援助機関で働いている人の生の意見です)

・OB/OGネットワークは確かに財産。ただ、管理人妻の場合援助業界にいたことがあるので、色々話を聞ける人は身近にいる。

・IDEASは60万円くらい。GRIPSはJICAから研修費を出していただけるため無料。
 (ただ、今後の事業仕訳によって変わる可能性があります。)

・GRIPSの方が授業のコマ数が多く、学術的。


授業については比べることが出来ませんが、GRIPSに進学次第、授業の詳細はUPしたいと思います。

*本記事はあくまで管理人妻の独断と偏見です。
[PR]
by peachist | 2010-05-19 11:29 | 国内大学院

初めてのTOEFL

国際親善奨学金は、留学の1年半前に応募締切という、なんとも前倒しな奨学金です。
まぁ、私のようなスロースターターには素晴らしい奨学金ともいえる笑
そうでなければ全く準備を進めていなかったでしょう。

申請に必要だったため、留学希望なのに先日初めてTOEFLを受験。
1週間前にTOEFLのスコアが必要なことを知り、慌てて受けたのでした。
しかもその週は中国出張もあり、超多忙な週。
ということで完全に何も勉強をしないまま当日に。
本当に問題も何も読む暇がありませんでした。

それでも2年間は海外勤務だし、社会人になって丸5年、英語を多用する環境で仕事してきたわけだし・・・
ということで、少し甘く見ていた。
こないだこれまたノー勉強で受けさせられたTOEICが950点だったので、なんとかなると思ってしまいました。


結果は80点で惨敗。


詳細としては、
R:21
L:23
S:18
S:18

大学院留学目指してこのスコアって、一体どうよ・・・?
奨学金をいただくことが決まってて、それなりに良い大学を進学希望先として記載している私。
受からないなんてシャレにならない・・・

6月末の再受験のために、今週末から勉強開始です。
今週末からね。。。
ノー勉強で80なら、勉強すれば軽く100超えるんじゃ?とナメてる私がいるのでした・・・

頑張ります。
来年、1年前80点だった人でも、留学出来るんだ!という夢を持ってもらえるブログになるように・・・
[PR]
by peachist | 2010-05-19 10:21 | 留学準備(国内)

辞表を提出

昨年、アジア経済研究所の開発スクール、IDEASを受験し、合格しました。
IDEASで1年勉強してから留学するつもりでしたが、この時期は管理人夫婦の運命が激しく動いた時期でして。

合格と同じ時期に行われた会社の健康診断で、卵巣から腫瘍が発見!!
管理人夫にシンガポール駐在の内示!!



管理人夫がシンガポールなら、私もシンガポールやその周辺の大学院に行くべきか。
そもそも腫瘍が見つかったのに、留学出来るのか。
会社に辞表出しちゃったけど、IDEASも留学も出来なかったらどうしよう。

管理人妻の手術の日前後にシンガポールに出発という会社の内示。
術後すぐの管理人妻を置いて、シンガポールに行くべきなのか。

管理人夫妻は迷いに迷いました。


しかし、手術の日程が決まり、ホルモンバランスも大きく崩れると予想されることから、私はIDEASを辞退。
優しい管理人夫は、「駐在のチャンスはいくらでもあるよ」と駐在を断ってくれたのでした。

それを知った会社の上司は、「じゃあ残ればいいじゃない」と送別会までしてもらったのに辞表を撤回してくれて、今に至ります。
当初辞めることを上司に相談した際、上司は猛烈にショックを受け、中国人の上司(男)に至っては泣いてしまうほど。
「残ってくれて本当に嬉しい」と、どんどん責任ある仕事を任せてもらうことになり、特にこの1年間、仕事は非常に面白いです。

非常に恩を感じているだけに、留学するために再度辞表を提出することは非常に心が痛みました・・・
しかし黙って私の決意を聞いてくれた上司は一言。

「優秀な職員を一人失くすことになるけれど、友人が一人増えました。」

とても感動しました。
こういう人たちの思いを胸に、勉強しないとだめですね。
[PR]
by peachist | 2010-05-18 22:58 | 管理人家の1コマ

初めてのトリミング

半年前にもらったトリミング半額券が今月いっぱいで終わりだったので、ファナルをトリミングに連れて行ってみた。


旅行中、ブラッシングはシッターさんに頼んでたけど、帰ってきたら毛玉だらけ・・・もう二度とあのシッターさんには頼まねぇ!!!怒
でも確かにうちの子は毛が長くて細いので、毎日30分くらいスキンシップも兼ねてブラッシングしてるけど、すぐに毛玉ができてしまう。


そんなわけで2週間もきちんとブラッシングしてもらってなかったら、もう乞食のおじさん並みに固まっちゃってる毛玉も出来てたので、プロにやってもらういい機会かと。


動物の美容院でカルテを渡され、性格を書く欄に「穏やか、甘えんぼ、かわいい」と書いてしまう親バカぶり
店員さんに「かわいいは性格じゃないですね。」と冷静に突っ込まれる。


隣が巨大犬で怖くないかなぁと心配して見守るこれまた親バカ夫婦。
巨大犬はどうやらとっても優しいわんこだったようで、お互い見つめあいながらトリミングされ、帰り際は鼻キスまでしてた。

d0162958_13264446.jpg



家でも耳かき大好き猫なので、耳かきされてる時は「き、気持ちいい~!」みたいな顔して目を細めていたファナル。

トリミングが終わり・・・
「猫ちゃんは結構暴れる子が多いんですが、おとなしくていい子でした」と言われ、サービスで首にバンダナを巻いてくれた ☆

どこぞの高貴でかわいい猫かと思ったらうちの猫だった♪(バカ)

d0162958_13272379.jpg
d0162958_1328858.jpg


年に2回くらいはトリマーさんにきれいにしてもらおう。
[PR]
by peachist | 2010-05-16 22:22 | 猫話