ブログトップ

灯台の管理人ブログ―2011年から猫連れ大学院留学を目指す

peachist.exblog.jp

カテゴリ:国内大学院( 3 )

GRIPSの小論文対策について

今日はGRIPSについて質問をいただきました!(パチパチパチ)

来年4月からGRIPS公共政策プログラムへの進学するため、今年11月の受験対策をしている方から、小論文対策についてです。


正直に言って、私は何も対策はしていませんでした。
ただ、前職が開発系の企業だったこと、現在の銀行でも常に社会貢献を念頭に置いて仕事をしているので、日々の業務の中で気付いたこと・実行していること・学生時代の経験などを、社会でどう生かせるかという部分はよく考えていました。
たとえば教育分野なら私は○○な貢献が出来るのでは?とか、アジアの貧困問題にはこういう切り口で貢献できるかな?とかです。

自分の経験は自分だけのものです。それを通して自分の意見を考え抜くことが大切だと思います。
「なぜ、それを学びたいのか?」
「なぜ、そう考えるのか?」
「なぜ、私にはそれが出来るのか?」
あとはそれを自信満々に書きました笑

仕事を辞めてまで進学を考えている方々は仕事を通して多くを学び、進学を目指したことでしょうし、社会問題に対する意識は高いと思います。
それをただ知るのではなく、自分なりの切り口で考えることが大切だと思います。
自分なりの考えがまとまったら、メモでもいいから思考回路を記録しておく。
後から見て役立つことが多いです。


それに加えて、どうしてGRIPSなのか?は自分自身が納得するために、考えておいた方がいいです。
特に公共政策は、国内の大学院の中では東大や早稲田なども良いと思いますが、なぜGRIPSですか?
面接で私は聞かれませんでしたが、聞かれることもあると思います。

私は正直な話、GRIPSの選考基準はレベルが高くないと思います。そもそも倍率が2倍ですし、過去問見ても論文のテーマが非常に単純というか、シンプルです。
大学生でも答えられるテーマなので、社会人である我々は、自分の経験と交えて書く必要があると思います。
加えて、出願資格はTOEFL iBT 79点以上。海外の大学院だったらトップスクールには間違いなく入学できないスコアです。また、私はTOEICが950点で一番高いような言われ方をしました。もっと高い方や満点の方も多いと思っていたので意外でした。
公共政策の倍率はわかりませんが、普通に対策していたら受かるレベルだと思います。

私が中東で働いていたときは、社会人やってから早稲田の大学院に進学し、海外で活躍されている方に何名かお会いしました。ですから、GRIPSは滑り止めのような感覚で、もっとレベルの高い大学院に進学を目指して準備をすれば、自然と対策になるのではないかなぁという気もします。


私がGRIPSに惹かれたのは、JICAの国内研修制度という制度を使い奨学金のようなものを出していただけることになったので学費がタダなこと、1年で修士が取れること、それだけです。
海外の2年制大学院に行きたかったですが、管理人夫もいるし、お金もかかるので無理でした。
でも2年間しっかり勉強したかったので、1年間は安く済ませたかったという理由です。

もし国内の大学院に進学を目指すのであれば、まだ時間はありますし、いろいろな選択肢を検討してみてもいいかもしれません。
比較の中で、「なぜ、ここなのか」ということも自然に見えてくると思います。
[PR]
by peachist | 2010-05-30 00:17 | 国内大学院

政策研究大学院(GRIPS)とIDEAS - その2

受験については一長一短です。
ただ、GRIPSもIDEASも私が受けた時は2倍程度の低倍率なので、普通に準備していれば合格する可能性は高いです。


IDEAS:

①推薦状などが必要ないので、応募に際して敷居が低い
②筆記試験は一般常識・英語・小論文があるので、GRIPSに比べるとヘビー
③面接は英語と日本語20分づつくらい


GRIPS:

①推薦状が2通必要なので、周りも巻き込んでの受験が必要
②GRIPS向けと、JICA向け(研修費用獲得のため)の出願書類が必要になので、出願書類はヘビー
③試験は小論文のみ
④面接は日本語のみ。GRIPS向け・JICA向け両方あり


筆記試験はどちらも難しくありません。
IDEASの一般常識も、開発問題に興味があって、普通に常識を知ってれば出来ます。
英語は短いエッセイ的なものもあるので、TOEFLの勉強をしておけば問題ありません。
(私はTOEFLの勉強を全くしてなかったから大変だったけど)
小論文も、自分なりの意見を時間内にロジカルにまとめる作業が求められているのかな?と思いました。
テーマはそんなに難しくありません。
IDEASはアフリカの開発について、GRIPSは教育についてでした。

面接試験は、
「なぜ、直接留学しないのか」
「なぜこれを学びたいのか」
といった、基本的な質問だけでした。
GRIPSはこれらに加えて、きちんと学問する気があるか見るような質問がありました。
「経済学をどう捉えているか」とか。

筆記試験・面接試験共に、国際親善奨学金の選考の方が難しかったです。

一応どちらもの合格しているので、こんなことも書いて!とか、質問があればコメントください。
[PR]
by peachist | 2010-05-19 11:50 | 国内大学院

政策研究大学院(GRIPS)とIDEAS - その1

今年の9月より、政策研究大学院大学のInternational Development Studies Programで1年間学び、来年からは欧米の大学院への留学を目指しています。
ロータリー財団の国際親善奨学金をいただくことが決まっているので、留学国はロータリー財団によって指定されます。

当初はアジア経済研究所の開発スクール・IDEASに進学予定で、昨年合格しましたが、諸事情により辞退しました。
諸事情はこちら → 


今年もIDEASを受験する予定でしたが、結局GRIPSに進学することにしました。
理由は以下の通りです。

・IDEASの神通力は、奨学金がなくなった今ないに等しく、開発業界で働きたいけど、働いたことがない人のための予備校のようになっている。
(某援助機関で働いている人の生の意見です)

・OB/OGネットワークは確かに財産。ただ、管理人妻の場合援助業界にいたことがあるので、色々話を聞ける人は身近にいる。

・IDEASは60万円くらい。GRIPSはJICAから研修費を出していただけるため無料。
 (ただ、今後の事業仕訳によって変わる可能性があります。)

・GRIPSの方が授業のコマ数が多く、学術的。


授業については比べることが出来ませんが、GRIPSに進学次第、授業の詳細はUPしたいと思います。

*本記事はあくまで管理人妻の独断と偏見です。
[PR]
by peachist | 2010-05-19 11:29 | 国内大学院