ブログトップ

灯台の管理人ブログ―2011年から猫連れ大学院留学を目指す

peachist.exblog.jp

カテゴリ:猫話( 4 )

子猫アゲイン

体調を崩してしまい、家で死んでいます。。。
夏バテ?忙しかったのでなんだかハイになってダーッと突っ走ってきたから疲れが出たのかもしれない。

そんな中優しい管理人夫は家の片付けをして、リラックス効果のあるクラシックCDやDVDを借りてきてくれて・・と本となーんでもやってくれて今後も仮病を使おうかと思うくらいのかいがいしいお世話っぷり。

しかも明日から3泊4日で出張の管理人夫は、大量に料理を作って冷凍庫に入れておいてくれるらしい!!「ご飯だけはちゃんと炊いてね」と言われた。
とっても嬉しい♪

しかーし、私には単純に休めないワケが・・・

それはまたもや猫。
こないだ3匹を保護した時に、スーパーとかクリーニング屋さん、中華料理屋、焼き肉屋等などにお願いして里親募集の張り紙を置かせてもらったことが縁で、近所にあるお店の、猫好きな人達ととっても仲良くなった。
買い物の帰り、袋を抱えて猫談義に花を咲かせるすっかり近所のオバチャン状態笑
とても楽しい。

そんな中でうちの猫が3匹の子猫がいなくなったことで落ち込んでて・・・
という話をしたら、その人の知り合いの猫好きさんを紹介された。
その方は6月に瀕死の子猫を保護して、かいがいしく病院に連れて行ったりして看病したところ、だいぶ元気になったよう。 近日中に里親さんを募集する予定らしい。
d0162958_15393964.jpg

しかし今度はその人のおうちで元から飼ってた持病持ちの先住猫ちゃんの具合が悪くなり、17歳という年齢もあって病院で「ここ1・2週間が山ですね」と言われたらしい。
その重病の老猫ちゃんの世話で忙しいのと、その子だけをきちんと見て、最期まで可愛がってあげたいと思ったらしく、子猫ちゃんを預かってもらえないかというお話をもらった。
そんなの、もちろんオッケー★★ということで10日前から我が家に子猫がやってきた。

猫風邪は完治しているものの、便秘気味の猫ちゃんらしく、病院に連れて行ったり、お腹をマッサージしたりとなかなか手がかかる。
そんな子猫ちゃんが可愛くて仕方ないファナルさん、熱烈に子猫を舐めまわして毛づくろいをし、追いかけっこして、自分が疲れた時もしっぽで遊んであげる優しいお兄ちゃんぶり。
d0162958_15385810.jpg

d0162958_15403049.jpg

exblogって、動画はUP出来ないのかな。

茶トラのトラくんはいつも管理人夫妻のお腹の上で寝る「超」甘えん坊。
お顔はちょっとブチャイクなのだけど、それをカバーして余りある性格のかわいらしさ。
残念ながら重病の猫ちゃんは亡くなったそうで、飼い主さんの心の整理が出来るまでお預かりして、もうしばらくしたら保護宅に帰ってしまうけど、やっぱり2匹目は良いもんだ!と思わされたのでした。

うちが社宅じゃなければなぁ。
TNRもどんどん進めないといけないし。
悩みどころ。


★★★★★★★★★★

この時期、1日に60-80匹の猫ちゃんが殺処分されています。
ペットショップをなくして、保健所から動物を迎えよう。
野良猫に避妊・去勢を徹底しよう。
http://kazurinn.jugem.jp/
尊敬するKAZUさんのブログ「純情仔猫物語」
[PR]
by peachist | 2010-07-18 15:40 | 猫話

甘えんぼ大将

こんなところに新種のモップが!!!!!

d0162958_10145482.jpg


と、思ったらうちのファナルでした。
d0162958_10153775.jpg

                          きょとん

先日、最近甘えてくれなくてショック死!という日記を書きましたが~
あの日記を書いた翌日から甘えんぼ大将に逆戻り♪

空気の読める男(玉なし)
d0162958_10174563.jpg



実は5月29日に、最寄り駅の駅前パン屋さん付近で足を怪我したキジトラの子猫を発見しました。
人慣れはしているようだけど、やはり足を怪我したからか、とても警戒しているのらちゃん。推定6ヶ月。
後ろ足を怪我していて、3本足で歩いていました。

それから毎晩、よく来るというラーメン屋さんに許可を取ってご飯を置かせてもらい、保護を試みましたがやはり警戒心が強いので失敗。
そこで、実家がある都内某下町の洋食屋さんに電話して、店長さんに相談してみました。
大学時代にバイトしていたその洋食屋さんの店長は、地域猫活動に熱心な方。
某下町はもともと野良猫が多かったので、避妊・去勢をして元の場所に戻し、地域の方と力を合わせて毎日ご飯を与え、健康のチェックをしています。

店長が紹介してくれたのは、野良猫保護のプロ。
その方は某有名巨大市場に居ついたのらちゃんを全て保護して避妊・去勢して、また市場に戻して一代限りで不幸な野良猫がいなくなるようにする活動に携わった方。

最寄り駅に来ていただいた瞬間、「あっちですね」とか言ってずんずん突き進み、辿りついた駐車場にはたくさんの野良猫が!!!
私、うちの駅でのらちゃん見たことなかったから本当にびっくりして「ど、ど、どどどうしてわかったんですか?!」と聞いてみたところ、「長年の勘ですね(二ヤリ)」とのこと。
とりあえずうちの駅には、足を怪我した子が迷い込んだわけではなく、たくさんののらちゃんがいることがわかった。
さて、どうするか・・・
(続く)

★★★★★★★★★★

この時期、1日に60-80匹の猫ちゃんが殺処分されています。
ペットショップをなくして、保健所から動物を迎えよう。
野良猫に避妊・去勢を徹底しよう。
http://kazurinn.jugem.jp/
ブログ「純情仔猫物語」
[PR]
by peachist | 2010-06-10 10:30 | 猫話

親離れ

ここのところ、ファナルが親離れをしてしまったのか?
あまり甘えてくれない。
ママはさみしくてさみしくて、昨日は無理やり抱きしめてチュウしまくってたら、ため息をつかれてしまった(大泣き)

昔のファナルなら・・・

こんな風にいつでもママに寄り沿って
d0162958_11214921.jpg


新聞読んでたらかまって欲しくて邪魔をして
d0162958_1123537.jpg


パソコン見てたら熱い目線で「遊んでオーラ」を出して
(「A」のキーはファナルに奪われました。不便・・・)
d0162958_1125694.jpg


かまってかまってとクネクネして
d0162958_11254474.jpg


ベランダでお花にお水をやってる私を見つめてたのに。
d0162958_11263555.jpg



最近の2週間は寝るのも別(号泣)
いま10ヶ月のファナルは人間でいう17歳。
もう親離れされちゃったのかなぁ。
寂しくてしょうがないママなのでした・・・

More
[PR]
by peachist | 2010-05-28 11:29 | 猫話

初めてのトリミング

半年前にもらったトリミング半額券が今月いっぱいで終わりだったので、ファナルをトリミングに連れて行ってみた。


旅行中、ブラッシングはシッターさんに頼んでたけど、帰ってきたら毛玉だらけ・・・もう二度とあのシッターさんには頼まねぇ!!!怒
でも確かにうちの子は毛が長くて細いので、毎日30分くらいスキンシップも兼ねてブラッシングしてるけど、すぐに毛玉ができてしまう。


そんなわけで2週間もきちんとブラッシングしてもらってなかったら、もう乞食のおじさん並みに固まっちゃってる毛玉も出来てたので、プロにやってもらういい機会かと。


動物の美容院でカルテを渡され、性格を書く欄に「穏やか、甘えんぼ、かわいい」と書いてしまう親バカぶり
店員さんに「かわいいは性格じゃないですね。」と冷静に突っ込まれる。


隣が巨大犬で怖くないかなぁと心配して見守るこれまた親バカ夫婦。
巨大犬はどうやらとっても優しいわんこだったようで、お互い見つめあいながらトリミングされ、帰り際は鼻キスまでしてた。

d0162958_13264446.jpg



家でも耳かき大好き猫なので、耳かきされてる時は「き、気持ちいい~!」みたいな顔して目を細めていたファナル。

トリミングが終わり・・・
「猫ちゃんは結構暴れる子が多いんですが、おとなしくていい子でした」と言われ、サービスで首にバンダナを巻いてくれた ☆

どこぞの高貴でかわいい猫かと思ったらうちの猫だった♪(バカ)

d0162958_13272379.jpg
d0162958_1328858.jpg


年に2回くらいはトリマーさんにきれいにしてもらおう。
[PR]
by peachist | 2010-05-16 22:22 | 猫話