ブログトップ

灯台の管理人ブログ―2011年から猫連れ大学院留学を目指す

peachist.exblog.jp

2010年 05月 18日 ( 1 )

辞表を提出

昨年、アジア経済研究所の開発スクール、IDEASを受験し、合格しました。
IDEASで1年勉強してから留学するつもりでしたが、この時期は管理人夫婦の運命が激しく動いた時期でして。

合格と同じ時期に行われた会社の健康診断で、卵巣から腫瘍が発見!!
管理人夫にシンガポール駐在の内示!!



管理人夫がシンガポールなら、私もシンガポールやその周辺の大学院に行くべきか。
そもそも腫瘍が見つかったのに、留学出来るのか。
会社に辞表出しちゃったけど、IDEASも留学も出来なかったらどうしよう。

管理人妻の手術の日前後にシンガポールに出発という会社の内示。
術後すぐの管理人妻を置いて、シンガポールに行くべきなのか。

管理人夫妻は迷いに迷いました。


しかし、手術の日程が決まり、ホルモンバランスも大きく崩れると予想されることから、私はIDEASを辞退。
優しい管理人夫は、「駐在のチャンスはいくらでもあるよ」と駐在を断ってくれたのでした。

それを知った会社の上司は、「じゃあ残ればいいじゃない」と送別会までしてもらったのに辞表を撤回してくれて、今に至ります。
当初辞めることを上司に相談した際、上司は猛烈にショックを受け、中国人の上司(男)に至っては泣いてしまうほど。
「残ってくれて本当に嬉しい」と、どんどん責任ある仕事を任せてもらうことになり、特にこの1年間、仕事は非常に面白いです。

非常に恩を感じているだけに、留学するために再度辞表を提出することは非常に心が痛みました・・・
しかし黙って私の決意を聞いてくれた上司は一言。

「優秀な職員を一人失くすことになるけれど、友人が一人増えました。」

とても感動しました。
こういう人たちの思いを胸に、勉強しないとだめですね。
[PR]
by peachist | 2010-05-18 22:58 | 管理人家の1コマ